HOME作品解説/データ大辞典宝物庫リンク掲示板

天狗瓦版

テン丸大会|ニュータッチ|ウァンチット!?アニメサンプル版最終回は16話!?ニンジャじゃ阿仁丸

ニュータッチ

●「ニュータッチ」とは?●
妖怪国の大臣にして竜神一族の発明家、大首の作った便利アイテムの事。
カップ麺型の入れ物にお湯を注ぐと、中からむくむくと乗り物や通信機、研究所などが出て来る。
はっきり言ってゲッターロボも吃驚の質量無視(笑)
このアイテム、何か気付く人もいるだろう。鳥山明氏原作の『DRAGON BALL』に登場する「ホイポイカプセル」と同じ機能を持つのだ。

●同時期に登場●
鳥山氏はドラゴンボール連載以前の1983年(昭和58)の少年ジャンプ52号に、読み切り作『トンプー大冒険』でホイポイカプセルの原形らしい「カプセル」を登場させているが、かぶと版テン丸に「ニュータッチ」が登場したのも同じ年なのである。(テン丸は多分9月頃)
何と偶然にも二人の作家が、別々の雑誌で、時をほぼ同じくして同様のアイデアを漫画に登場させていたのだ。

ニュータッチの使用法は、カップのラベルを剥がし、中にお湯を注ぐだけ。まさにインスタントラーメンの要領。3分間待つ必要があるかは分からないが、注いで次のコマには中身が出て来る。
対して『トンプー』に登場したカプセルはお湯の中に入れて10秒で中身が出て来る。

妖怪国でも指折りの発明家・大首の究極の発明品、それは紛れもなくこの「ニュータッチ」に間違いないが、それ以上にこれほど似通った設定のアイデアを同時期に生み出した偶然と両先生の想像力に感服です。

HOME作品解説/データ大辞典宝物庫リンク掲示板
inserted by FC2 system